JAPAN NEXT ENERGY(株式会社ジャパンネクストエネルギー)

トマトのリコピンが太陽光パネルの劣化を防ぐ!?

みなさん、こんにちは。

 

本日は、興味深い研究結果の共有です。

紫外線からお肌を守るのに良いと言われているのが、トマトに含まれるリコピン。

“それであればソーラーパネルの劣化対策にもなるのでは?”という斬新な発想から、中国の吉林大学が研究を行いました。

 

トマトに含まれるリコピンには抗酸化作用があり、紫外線にさらされた皮膚で発生する活性酸素を消去してくれる働きがあることから、“食べる紫外線対策”と呼ばれています。

ソーラーパネルが太陽光で発電を行っている時も、酸素が発生すると、材料に酸化が起きてしまいます。

 

簡単に言うと、お肌もソーラーも酸化で劣化という同じ原理でしていたのです。

 

そこで今回、吉林大学の研究者たちは、次世代型ソーラーパネル「ペロブスカイトソーラーパネル」をお肌にみたて、トマトのリコピンを加えてみることにしました。

 

実験を行った結果は非常に有望でした。

トマトに含まれるリコピンをソーラーパネルに加えたところ、本当に発電効率があがり、効果が確認できたとの発表をしています。

※研究内容の詳細は2022年5月11日付で『Advanced Energy Materials』にて掲載されています。

 

リコピンがパネルの酸化を抑えることに成功することにより、パネルの結晶構造内部での電気の流れを改善し、電力への変換効率を3~4%向上させることが示されました。

 

太陽光発電は地球温暖化防止の切り札的な存在であり、現在世界各地でさまざまな研究が続けられていますが、人間のお肌とソーラーパネルをリコピンで繋ぐという発想は極めて斬新ですね。

 

トマトのリコピンを太陽電池に練り込むと発電効率が上がると判明 – ナゾロジー (nazology.net)

 

;