JAPAN NEXT ENERGY(株式会社ジャパンネクストエネルギー)

台風19号被害

おはようございます。

ブログ担当 湯谷です。

前回更新から少し日が経ってしましました。

 

今回台風の被害にあった皆様心からお見舞い申し上げます。

一刻も早い復旧をお祈り申し上げます。

 

今回の内容は甚大な被害を出した台風19号の被害状況と対応について書いていこうと思います。

今回の災害で亡くなった人は77人となり、堤防の決壊は59河川の90か所に上っています。

しかし被害の全容はまだどこも把握できていません。

また、神奈川や福島などの6つの県で10人が行方不明となっておりまだこの人数は変わりそうです。

 

住宅の浸水状況は少なくとも1万3000棟以上の住宅が水につかり、1100棟以上の住宅が全半壊や一部損壊の被害を受けました。

このうち、床上まで水につかったのは長野県や栃木県など16の都県で7394棟、床下が水につかったのは静岡県や埼玉県など21の都県で6509棟となっています。

 

上が多摩川、下が利根川です。

このような浸水被害にあった後の対応などいくつか紹介します。

・在宅時はできるだけ窓を開ける

・換気扇を回す

・床下点検口から床下を確認し浸水があれば水を出す、風を送って乾燥させる。

・扇風機を回す

・濡れた断熱材は取り除く

この中で取れそうな対応をとってみてください。

 

また、停電は

東京電力管内・・・約2800棟

東北電力管内・・・約530棟

中部電力管内・・・約2410棟

となっています。

Twitterなどでも今回も太陽光発電、蓄電池、電気自動車などにより停電の恐怖から逃れられたとの記事も多く目にします。

近年の災害の多さから皆様それぞれに対策を考えられているようです。

各ご家庭により合う対応というのがありますので幅広いご検討を推奨します。

 

今回はこの辺で終わりとします。

ブログ担当 湯谷でした。

 

 

;